LMC Automotive-マークラインズ
自動車市場・技術予測カンファレンス2019

マークラインズと英LMC Automotive社は、自動車市場/技術トレンドを展望するカンファレンスを開催いたします。
パワートレインの電動化が今後どのようなスピードで進展するのか、また足下の販売失速から先行きへの懸念が高まる中国市場について、アナリストによる最新の予測をお伝えします。また、Tesla Model 3やJaguar I-PACEなど注目の最新EVの搭載技術について、エキスパートが詳細に分析いたします。
昨年イベントのご参加者様からご要望いただきました更に深い議論をご提供できるよう、プレゼンテーション1本あたりの時間を長く取っております。
ぜひともご参加ください。

本セミナーの申し込みは締め切らさせていただきました。
多数のお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

概要

  • 開催日時:2019年11月1日(金)10:00~17:40 (開場:9:00)
  • 開催場所:東京コンファレンスセンター 品川 4F~5F (アクセスはこちら
    メイン会場:5F大ホール、 サテライト会場:402N (※)
  • 参加費用:¥35,000+税(事前振込によるお支払いをお願いします)

(※)メイン会場が満席となりましたので、サテライト会場へのご案内となります。
サテライト会場では、メイン会場の映像・音声の中継をご覧いただけます。
また、メイン会場で行われる質疑応答にはご参加いただけませんが、予めご了承ください。

プログラム

時間 アジェンダ
9:00 受付
10:00 開会のご挨拶
マークラインズ株式会社 代表取締役社長 酒井 誠
10:10 世界経済の展望:米中対立の影響と金利・為替レートの見通し
Oxford Economics在日代表(前日銀国際局長) 長井 滋人
10:55 EVパワートレインの構造分析:Tesla Model 3 vs Jaguar I-PACE、他
Alexander (Sandy) Munro, Chief Executive Officer, Munro & Associates
11:45 質疑応答
12:05 昼食
13:15

世界市場の展望:一段とリスクが高まる環境下での市場見通し
Jeff Schuster, President, Americas Operation, LMC Automotive

14:00 自動運転の動向: 自動運転車の実現の時期は当初想定よりも先に
Pete Kelly, Managing Director, LMC Automotive
14:45 質疑応答
15:05 休憩
15:25 LMC Automotive社予測サービスのご紹介
マークラインズ株式会社 グローバル情報部 マネージャー 中野 恵秀
15:40 中国市場の展望:リスクが増大する中での成長機会
John Zeng, Director, China Forecasting, LMC Automotive
16:25 パワートレイン別市場展望:電動車がメインストリームに - 成長曲線はどのようなカーブを描くか?
Al Bedwell, Director, Global Powertrain, LMC Automotive
17:10 質疑応答
17:30 閉会のご挨拶
Pete Kelly, Managing Director, LMC Automotive

(※)英語のプレゼンテーションは日本語に同時通訳いたします。

(※)講演者やプログラムが一部変更になる場合がございます。予めご了承をお願いいたします。

講師紹介

Pete Kelly – Managing Director, LMC Automotive
Pete Kellyは、LMC Automotive のManaging Directorです。同社の自動車予測事業の全てを統括する立場にあり、特に各国の自動車総市場の予測策定について中心的役割を担っています。J.D.Power and Associates社の欧州部門のDirectorとしての経歴を持つほか、それ以前にはチーフアナリストとして中大型商用車市場の分析を担当しており、業界のアナリストとして約10年のキャリアを持ちます。天体物理学士課程修了。
Jeff Schuster – Senior VP, Forecasting, LMC Automotive
Jeff Schusterは、LMC Automotiveの米州事業の統括者であり、 同社の北米と南米の生産・販売予測策定の責任者を務めます。20年を超える業界経験を持ち、J.D. Power and Associates 社予測部門のExecutive Directorを7年以上務めた経歴を持ちます。コーポレートファイナンス専攻修士課程(MSc)修了。
Al Bedwell – Director, Global Powertrain, LMC Automotive
Al Bedwellは、LMC Automotiveのグローバルのパワートレイン予測事業の統括者です。同社に入社以来、パワートレイン予測データのカバーの拡充を推進し、様々な新サービスの立ち上げを指揮してきました。前職は、Polk Marketing Systems社におけるマネージャーです。LMC Automotiveと合わせて20年以上の業界経験を有します。メカニカルエンジニアリング専攻学士課程修了。
John Zeng – Director, China Forecasting, LMC Automotive
John Zengは、LMC Automotiveの中国事業を統括し、事業開発と調査の両面を指揮しています。15年以上の業界経験を持ち、これまでにIHS-Global Insight社、惠州市自動車産業局、東風本田汽車、フォード等に勤務してきました。 エンジニアリング学士課程(自動車製造専門)、経営学修士(MBA)課程を修了しています。
長井 滋人 - Oxford Economics在日代表(前日銀国際局長)
長井 滋人はOxford Economics社の日本支社の代表です。2017年7月に同社へ移籍する前は、日本銀行において長年にわたって国際経済の分析や外貨資産運用、アジアを中心とした国際金融協力といった中央銀行の国際業務に携わってきたほか、金融政策に関する海外への情報発信の仕事でも多くの経験を有しています。2012年から14年にかけて欧州統括役としてロンドンに駐在した後、2017年6月まで国際局長として金融政策決定会合において海外経済動向の報告を行っておりました。1986年に東京大学経済学部を卒業後に日本銀行に入行、1992年に米国タフツ大学フレッチャー法律外交大学院で国際関係論の修士号を取得後、1993年から96年にかけて国際通貨基金(IMF)へエコノミストとして出向した経験があります。
Alexander (Sandy) Munro - Chief Executive Officer, Munro & Associates, Inc.
Alexander (Sandy) Munroは、米国のエンジニアリング会社Munro & Associatesの創業者です。
金型メーカーのエンジニアとしてキャリアをスタートした後、1978年にFord社に移り、製造エンジニアとしてエンジンラインの自動化率向上やDFA(Design for Assembly)のコンセプトの導入を推進、これらの業績に対して二度ヘンリー・フォード賞にノミネートされた経験を持ちます。
その後W・エドワーズ・デミング博士からの助言を受け、1988年にMunro社を設立しました。Lean Designの哲学の下で、これまで多数の自動車メーカーやTier1サプライヤーの製品設計/開発や製造部門の生産性改善をコンサルティングしてきたほか、Tesla Model3など最新モデルを含む多数の車両を分解調査してきた経験を持ちます。NASAより、「Visionary and Master of Innovator」の称号を得ています。

お問い合わせ先

  • マークラインズ株式会社
    グローバル情報部
    担当: 中野、松岡
  • TEL:03-5785-1385
  • Email: LMC_Seminar@marklines.com